意識無い系 反断捨離生活

お金を貯めたり買い物したりプログラミングしたりする人の日々

【レビュー】ボールペンはこれだけでOK!ジェットストリーム ピュアモルト 4&1

全てを満たす、プチ高級ボールペン

職業柄、正式な書類を書くような場面が殆ど無い私にとって、ボールペンはメモったり、考えを整理する際の落書き道具です。

今回は私が愛用している、書きなぐり時に最適で、私のようなおっさんが持っても恥ずかしくないボールペン・ジェットストリーム ピュアモルト4&1を紹介します。

ジェットストリーム ピュアモルト 4&1

f:id:shiishik:20170731002247j:plain

ジェットストリームシリーズは、三菱鉛筆の元祖・滑らか油性ボールペンです。

ジェットストリームの大ヒットを受けて他社からも滑らか油性ボールペンが続々登場し、今では

がしのぎを削っています。

私は落書きにしかボールペンを使わないので、”滑らか”という点でこの4ブランドに優劣を付けるほどのこだわりは無いのですが、ピュアモルトを選んだのには理由があります。

ベタベタしない。非ラバーグリップ

f:id:shiishik:20170731002430j:plain

文房具へのこだわりとして毎度の主張になりますが、私はラバーグリップのベタベタした肌触りとゴミやホコリが吸着する不衛生感、加水分解による劣化が大嫌いです。

ジェットストリームにはピュアモルトとプライムという2つのプレミアムシリーズが存在し、何れも非ラバーグリップのシリーズです。

青色を含む多機能ボールペン

私がジェットストリームのピュアモルトを選ぶもう一つの理由は、青色を含む多機能ボールペンだからです。

他社の油性ボールペンにも非ラバーグリップのプレミアムモデルは存在するのですが、青色を含む多機能ボールペンというのは現在三菱鉛筆ジェットストリーム以外に存在しません。

ジェットストリームの場合は、ピュアモルトではないプライムシリーズにも青色を含む多機能ボールペンが存在します。

 私の要件である「青色多機能ボールペン+非ラバーグリップ」はこのジェットストリームプライム 3&1でも満たせるのですが、少し高いのです。

  • ピュアモルト4&1:約1200円
  • プライム3&1:約2800円

実に倍以上の価格差があるのです。。

落書きにも正式な書類にもベストな0.7の太さ

0.7という太さはボールペンとしては若干太い部類に入りますが、私の場合これがベストです。

落書き時には0.7以下では細すぎて思い切った落書きができません。

また正式な書類でもある程度の太さがないと、枠の大きさに対してアンバランスになります。

ジェットストリームの場合は0.38、0.5、0.7以外にも様々な太さのリフィルが発売されているので、お好みの太さのリフィルに入れ替えて使うことも可能です。

フリクションウッドとピュアモルトの多機能コンビ

f:id:shiishik:20170731002553j:plain

私は消したいときはフリクション、消さなくても良い時はジェットストリームという単純な使い分けをしています。

偶然ですが、愛用しているフリクション ボール4ウッドとこのピュアモルトは持ち手部分が木素材であることに加えカラーリングもほぼ同じであるため、並べると何とも言えない所有感を感じることができます(笑)

f:id:shiishik:20170731002626j:plain

ちなみに書き比べるとこんな感じです。

f:id:shiishik:20170731002720j:plain

ボールペンに無頓着な全ての大人にすすめたい

ラバーグリップは書きやすいのですが、使い捨てのボールペンに使われる事が多く、安っぽいというか安物です。

ジェットストリーム ピュアモルト4&1は約1200円という価格帯でありながら、明らかに安物に比べればワンランク上をいく高級感を持ち合わせています。

しかも至高の書き心地のボールペンが黒赤青緑に加えシャープペンまでセットになっており、これ一本あれば他のボールペンは必要なくなくなってしまう程便利です。

ボールペンにこだわりは無いけど、ちゃんとしたのも一つくらいは持っておこうな?という方には是非おすすめしたい一品です。

f:id:shiishik:20170731002803j:plain

 青と緑が必要ない方は更に安く700円程度で買えるピュアモルト2&1もおすすめですよ!